美味しい物好き、楽しいこと好き


by kana-con

<   2014年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

奈良から帰宅後、ゆっくりしてたら
同じマンションのお宅でハロウィンのパーティをしていると言うので、ちょいと覗きに行った。
手ぶらで、ふらりと。
そしたら・・・
a0115841_22311248.jpg

a0115841_22313666.jpg

ベトナムとウガンダからの留学生、関学生も参加、奈良や神戸からもお客様の大パーティで
ひとしきり、ご馳走になってから、いったん帰宅して、みんなの到着を待つことに
ピンポンがなって
子供も大人もTrick or Treat
a0115841_22344978.jpg

毎年10月の最終日にやるそうで、今度は仮装&手料理で行かねば

主人が東京から帰宅。VIRONのお土産
a0115841_2237366.jpg

濃い一日となった。
by kana-con | 2014-10-31 22:40 | いいこと | Comments(0)

2014年 正倉院展へ

急に話がまとまって、正倉院展へ
10時前にもう列が出来ていた
a0115841_2225656.jpg

赤い靴が素敵だった。
書では上手というわけではないけど、1200年前の戸籍が戸主の横に妻・妾・妾とあり、お妾さんも戸籍に載るんだと天平時代のシステムにびっくり!
お馴染みの光景、鹿さんを眺めながら
a0115841_225872.jpg

バスの一日乗車券500円をget
a0115841_226195.jpg

これから行く浄瑠璃寺まで570円、片道だけで元が取れる
バスの中で駅まで買ったお弁当を食べる
a0115841_2263827.jpg

浄瑠璃寺前で奈良交通のバスを降り、コミュニティバスに乗り換えて、
バスを乗り継いで「岩船寺」へ
三重塔も立派。
a0115841_22104241.jpg

a0115841_2211892.jpg

内部が公開中
a0115841_22113613.jpg

お堂の中も立派で鄙びた外観では想像つかないほどの仏像があり
、御朱印をすらすら書きながら、流暢に解説する和尚さんにも敬服。
a0115841_2212437.jpg

a0115841_2213776.jpg

a0115841_22134056.jpg

これしかないというバスの便で行動しているので、次に
またコミュニティバスに乗り浄瑠璃寺へ戻る。
この辺りは石仏がたくさんあるらしく、半日、一日と見て回るコースがあるから、次回は歩いてみたい。
a0115841_2218268.jpg

東に薬師如来の三重塔
a0115841_2219358.jpg

a0115841_22192148.jpg

池を挟んで東に西方九体阿弥陀仏堂
a0115841_2222413.jpg

a0115841_22222771.jpg

a0115841_22224398.jpg

お堂も阿弥陀仏も国宝。静かで落ち着く。午前の正倉院展の喧騒とは大違い。
京都と奈良の県境。車でしか来れないと思いこんでいたけど来れるもんだなと。
さて、バスの時間までにショッピング。
参道に面白い売り方、このときは無人ではなかったけど、
売り物が吊るしてあり、ほとんど100円。
a0115841_2226095.jpg

a0115841_22261794.jpg

日の菜の漬物や梅干しなどを買う
これはゆず大根を買う友人
a0115841_22271170.jpg

帰りに鶴橋に寄るプランもあったけど、これは大充実の一日となった。
帰宅後、またイベントが待っているともこのときは知らず…
by kana-con | 2014-10-31 22:00 | おでかけ | Comments(0)
ハロウィンのパンを用意していてくれました。
a0115841_17142583.jpg

a0115841_1714446.jpg

こちらはじゃが芋ぱん
a0115841_17152993.jpg

ランチは豚ヒレの料理ポークブランケット
a0115841_17165112.jpg

デザートは爽やかにすだちのゼリー
a0115841_1718351.jpg

ハロウィンのパンは可愛くて美味しくて、毎年作りそう。
じゃがいも君はぎゅっと握る作業も愉快できっとこれも作ることになりそう。
どれも美味しく、次回が早くも楽しみ
by kana-con | 2014-10-27 17:20 | おけいこ | Comments(0)

2014年 大阪マラソン

岡山から参戦の友人夫婦の応援に
これまた岡山からかけつけた友人のお母さんとなにわ駅を出たところで待ち合わせ
これはうまくいった
中央公会堂の近くで去年はここになかった中継所があり間寛平氏が出演中だった
a0115841_1648949.jpg

で、ここでまさかの遭遇失敗。
毎年、見たことなかったコブクロの小渕さんも見かけたし、
小渕さんのタイムからして遅れて到着したとは思えないけど、
待っても待っても来ないし、ネットで調べられるけど、うまく繋がらないやら、とっくに過ぎたみたいで、
あきらめて次のポイントに地下鉄で移動、住之江公園駅
あまりに待ちすぎたので、時間があまり残っておらず、コンビニでお握りを買い、レジャーシートに座って急いで食べて待つ
待つこと、しばし、やっと会えた
a0115841_16591313.jpg

私一人なら、午前中に中央公会堂で会えなかったところでテンション下がってそのまま帰ったかもしれなかった。
a0115841_1701922.jpg

a0115841_1704492.jpg

ネットでのランナー検索はあまりあてにならないとわかっていたけど、
このときすでに友人とご主人の差が1時間はあり、ここで待っていたら彼女のゴールに間に合わないとふんで
ご主人を見切ることに決定。
南港へ向かうポポートライナーに乗り換えるための陸橋からみたランナーたち
a0115841_1754412.jpg

再びゴール近くで待ち受け
友人がまず通過。私たち寄りに近づく元気が残っていなかったそうだ
a0115841_1764815.jpg

a0115841_17713.jpg

そしてまた待ち続け、ご主人到着
a0115841_1782043.jpg

ゴールしたはずなのに、なかなか連絡が取れず待ち続けて
やっと合流
a0115841_1793014.jpg

7時間近く、ほぼ立ちっぱなしで、70代のお母さんはさぞかしお疲れになったことかと
ランナーも応援もお疲れ様
by kana-con | 2014-10-26 17:11 | 旅行 | Comments(0)
以前はコムシノアの経営が料理人はそのままでと聞いていて、出かけてみた。
a0115841_16404774.jpg

山小屋のイメージ
a0115841_16412760.jpg

a0115841_16414354.jpg

a0115841_16424897.jpg

それぞれのメイン
a0115841_16421151.jpg

a0115841_16432049.jpg

a0115841_16433310.jpg

ガーデンテラスも少し立ち寄り
a0115841_1644657.jpg

山を後にした楽しい一日
by kana-con | 2014-10-25 22:36 | お外で美味しい | Comments(0)
母校の六甲山学舎がまだ残っていて、西宮市のNPOが管理しており
80年目で記念公開と新聞で見て、それは是非に行かねばと
30年以上ぶりに先輩たちと出かけてきた。
a0115841_153453100.jpg

当時と入り口が違う気もするが
a0115841_15354317.jpg

a0115841_1536976.jpg

a0115841_15362995.jpg

a0115841_15365266.jpg

先に入っておられたグループとここから説明を一緒に受けることになり、
ヴォリーズ建築でも珍しいという雨戸を見せてもらう。戸袋から回転してでてくる仕組み
夏の別荘なので北向きに建っているらしい。
a0115841_15403089.jpg

a0115841_15405811.jpg

傾斜をつけて結露を防いだ窓枠のさん
a0115841_1544101.jpg

a0115841_15442737.jpg

この暖炉もそのままだった
a0115841_1545658.jpg

a0115841_15453268.jpg

a0115841_15455191.jpg

a0115841_15463150.jpg

食器棚もそのまま
a0115841_1547485.jpg

a0115841_15473270.jpg

メインの寝室もこの淡い色合いに記憶があり
a0115841_15483314.jpg

a0115841_15485677.jpg

a0115841_15502876.jpg

a0115841_1551647.jpg

a0115841_1551278.jpg

薄いグリーンの部屋
a0115841_1553587.jpg

白い部屋
a0115841_1554493.jpg

学校が運営していた名残り
a0115841_1554368.jpg

a0115841_15545243.jpg

キッチン
a0115841_15552846.jpg

オーブン
a0115841_15555264.jpg

キッチンの扉はクリスタル、衛生的にと考慮されたらしい
a0115841_15564586.jpg
 
清潔に使えるように琺瑯の作業台
a0115841_15574938.jpg

廊下
a0115841_15581220.jpg

呼び鈴がどこで鳴ったかわかる仕組み
a0115841_15585987.jpg

住み込みのお手伝いさんの居室、驚きは収納のアイロン台
a0115841_15594828.jpg

a0115841_1601982.jpg

洗面所は水がよく飛ぶあたりはタイルで
a0115841_1611911.jpg

ドアノブもクリスタルで
a0115841_1615174.jpg

お風呂はなぜか五右衛門風呂で、当時も驚いた。これだけ西洋的なのに
a0115841_1625744.jpg

ドアも同じ木材で
a0115841_1631576.jpg

a0115841_164993.jpg

お庭に出て
a0115841_1651756.jpg

当時の写真
a0115841_1654029.jpg

マドレーヌちゃんは女学生のイメージ
a0115841_1662792.jpg

a0115841_16114628.jpg

当時と同じ先輩たちと一緒にこれたことがほんとに嬉しい。
by kana-con | 2014-10-25 20:29 | おでかけ | Comments(0)
折り返しの列車では車内販売で友人が活動中
a0115841_15552.jpg

a0115841_155257.jpg

少しづつ日も傾いて
a0115841_156126.jpg

a0115841_1561872.jpg

見老津駅ホームでは夕暮れの海のプラットホームライブ
a0115841_1571515.jpg

a0115841_158158.jpg

サプライズで友人の母上の登場とお土産も頂戴して、びっくりやら感激やら。
復路の白浜でまたペンギンに会えて
a0115841_1594614.jpg

車内では演奏が続けられて
a0115841_1513796.jpg

ドラムの永井朋生氏は映画「たまご」の音楽も担当。
間もなく列車の旅も終わる
a0115841_1515529.jpg

田辺で下車、いつもの弁慶さんに会う頃はもうすっかり暗くなって
a0115841_15164727.jpg

帰りの高速バスの中で友人母上の手作りの栗おこわと本物さんま寿司を開く。
ちゃんとお箸が入っており、さんま寿司も切り目があり、ありがたく頂く。
a0115841_1518945.jpg

始めの芳養駅でおばちゃんたちから聞き込んだ串本駅でやることのひとつ、
「噂のお饅頭を買う」これを友人が走って買いに行ってくれた。あっさりした餡子でいくらでも食べられそう。
a0115841_15202032.jpg

「NAGI」のパン
a0115841_15205074.jpg

大満足の旅^^、完
by kana-con | 2014-10-24 21:23 | おでかけ | Comments(0)
この日のトレイナート、ジャズ列車の折り返し駅
串本駅へ到着
ここでトレイナートのレインボー号と遭遇。実は半分だけがペイントされており、反対側のホームから見ると普通の青い電車だった。
コンテストで選ばれた小学生のデザイン。
a0115841_1424617.jpg

a0115841_1432168.jpg

a0115841_1433683.jpg

串本駅で「nagi」のパンの販売があり。
ハートプロジェクトでアビアントのシェフともお仲間
a0115841_1425032.jpg

本州最南端駅
a0115841_14253947.jpg

a0115841_14261385.jpg

a0115841_14262946.jpg

2002年のワールドカップの長居スタジアムでのトルコ戦を観戦できたのは
トルコの船を救助した縁がトルコ大使館と伊藤忠にあったからと聞いた記憶があり、
このことだったのかと12年後わかる。
駅の中ではジャズの演奏
a0115841_14332866.jpg

これを楽しみながら、友人が頼んでおいてくれた飯島奈美プロデュースの和歌山名物目張すしのお弁当を食べる
a0115841_14343547.jpg

a0115841_143582.jpg

a0115841_14353318.jpg

違うホームではドクターイエロー列車が停車中
a0115841_14363083.jpg

a0115841_14365470.jpg

a0115841_1437750.jpg

トンネル内を見るための照明も横に着いていて、物珍しい。
鉄道ファンなら、羨ましがる展開であった。
さて、ここから折り返し
by kana-con | 2014-10-24 14:02 | おでかけ | Comments(0)
和深駅[映画「たまご」資料館]平野功二
a0115841_13344994.jpg

紀南を舞台に制作中の映画の予告版を見たり、小道具の展示あり。
a0115841_13352512.jpg

a0115841_13354937.jpg

平野監督とトレイナートのプロデューサー廣本直子さん、アーティスト同士の談笑、かっこいい
a0115841_13361751.jpg

この海を見て映画制作を思い立ったという
a0115841_13485959.jpg

映画の予告編はこちら
復路では平野監督にも「たまご」のポーズをしてもらった。
映画の完成が楽しみ。
a0115841_13492673.jpg


次は田並駅
a0115841_13515082.jpg

[真珠貝の彼方]林憲昭
真珠貝を採るダイバーたちが漏らす息を表現
a0115841_13521866.jpg

a0115841_13524443.jpg

a0115841_1354363.jpg

ここでも作家さん自ら説明を
ただ時間が短くお話が途中で列車に戻るハメになったのは残念。
a0115841_13543279.jpg

a0115841_13551118.jpg

素敵なブルーだった。
さて、次へ
by kana-con | 2014-10-24 13:59 | おでかけ | Comments(0)
紀伊日置駅「ひき」と読む
a0115841_13171658.jpg

[天と地と人と]木村崇人
八咫烏(やたがらす)が天井にモビールで吊るされていた。
作家さんも列車に乗っておられた。
a0115841_13174775.jpg

a0115841_1318947.jpg

残念ながらこのモビールもトレイナートが終わったら撤去された模様。

周参見駅ではこの日のジャズ列車は止まらず。
アート田辺で見て印象深かった溝端さんの関わったアートを見れなかったのが残念。

見老津駅[変身!駅舎が喫茶]岡山キャラバン隊
a0115841_13241525.jpg

友人も翌日土日はカフェのお手伝いをするこの駅
大神慶子さんのイラスト素敵
a0115841_13244258.jpg

a0115841_1325464.jpg

このデザインの絵葉書を購入、流木のペンで書いたハガキを海中ポストに投函してくれるというのでやってみた。いつ届くだろうか?(4日後到着した)
a0115841_13262687.jpg

見老津駅舎を鑑賞後、JRの職員さんに乗車を促されて列車に戻っていく一行。
ブレーメンの音楽隊か笛吹の子供の後に続くネズミだったか動物の物語を連想させた。
a0115841_13295358.jpg

さて、次の駅へ
by kana-con | 2014-10-24 13:32 | おでかけ | Comments(0)