美味しい物好き、楽しいこと好き


by kana-con

カテゴリ:読書( 7 )

最近のもの

なかなか読み進まないけど。
もらった飴をお供に読み進んだ
a0115841_22533813.jpg

リクエストしたのも忘れていたけど、
数か月待って
珍しく時代小説で。途中辛かったのが最後にストンと落ちてよかった。
a0115841_22544753.jpg

by kana-con | 2015-03-07 22:52 | 読書 | Comments(0)

くちびるに歌を

2月のパリ行きでガイドブックを貸してくれた友人がそのときに何を見越してか
「新幹線のなかででも読んでね」と書き添えてプレゼントしてくれた本
a0115841_2139688.jpg

半沢直樹の2巻めがなかなか進まず、
東京の往復でもよく眠ってしまい、思うように進んでいなかったけれど。
帰りの一人の新幹線で読み終えた。
「間もなく新大阪に到着します。♪♪」のアナウンスの流れた瞬間。
このタイミングに一人車内でウケる私。
にやついていたのが周囲に気付かれなかっただろうか。
アンジェラアキの「手紙」をNHKの合唱コンクールで歌うことになった長崎の五島列島の中学の話。
読後も爽やかでその日読み終わるにはまさにうってつけ。
巻末の部分も帰りに西宮を降りて、バスを待つ間に読み終わった。
コーラス仲間に貸出し中。
by kana-con | 2014-04-06 21:48 | 読書 | Comments(0)
西宮阪急でイーコレクションのイベント中、隣のスペースは山本真嗣さんの原画展をやっていました。
イベント告知の看板に出ているお写真の素敵なこと。
サイン会の日を楽しみにしておりました。
a0115841_22361636.jpg

めちゃ細かい描写で絵本のほぼ原寸。
サイン会も盛況でした。私もサインお願いしました。
a0115841_22375244.jpg

仕事が終わって帰る時間帯にサイン会もお開きになってスタッフと談笑しておられるところに出くわし、2ショット写真もお願いしました。
a0115841_2239763.jpg

なぜ、マイカメラ持ってるの?と阪急のスタッフにびっくりされたけど、
(毎日どこでおもしろいことがあるか分からないから)
今日も持っててよかったマイカメラ!
最後に握手もしてもらって完全にファンになってしまった(目がハート)
あの~、ハグも~とはさすがに言い出せませんでした。(心の中で思っていたのか?と驚かれるわ)
韓流スターじゃないしね。アジュンマは怖いものなしね(苦笑)
それより何より職場でしたから…

ご本人のブログにこの日のことが出てました。こちらです。
by kana-con | 2012-08-01 22:54 | 読書 | Comments(0)

心を整える

評判の長谷部誠選手の本を読みました。
a0115841_22264227.jpg

試合直後の短いけど的確なコメントが印象的で頭のよい人なんだろうと思っていました。
誠実で素直、ちゃんと育てられたらこんな人になるんだ。
家族に対する思いのあたりは泣きながら読みました。
お気に入りの本や音楽、香りもメモりました。
さっそく、うちの次女にこれを読んだらと渡しました。こちらの真意が伝わるでしょうか…
うちの婿にしたい男№1です(言うだけ勝手ですから~)
by kana-con | 2011-10-04 22:34 | 読書 | Comments(6)

断捨離の本

この数週間の合言「断捨離」
ウオーキング中にもそうとうネタとして登場したからか、
私はブログでエッセンスを読んで雰囲気わかった気分で自己流で進めていたけど、
ウオーキングメンバーIさんがとうとう本を購入。(人に話振っておいて…)
ちゃっかり借りちゃいました。
a0115841_19581565.jpg

by kana-con | 2011-03-01 19:59 | 読書 | Comments(0)

母(オモニ)

韓国語教室の友人から借りて読みました。
日曜朝NHK教育の日曜美術館の司会もされていて
お話の仕方や声のトーンも好きです。
a0115841_1110470.jpg

姜尚中(カン サンジュン)氏
しかし男の人にとって「母」は永遠に特別な存在なんだわね。
韓国ドラマの中で時折マザコン気味に演技されていますが、
親子関係が「熱い」から余計特別に感じます
by kana-con | 2010-11-06 11:18 | 読書 | Comments(2)

秋だから

韓国ドラマにはまってからは読書の時間が激減してます。
軽くてさっと読めるからと主人のおすすめの中に
新聞の書評で気になっていたのがあったので手にしました
a0115841_22183114.jpg

映画化されるということで勝手に頭の中でキャスティングしてました。
中谷美紀さんは討ち入りかな…
沿線の学校のことも出てくるので
この制服かな?と想像するのも楽しかったです。
登場人物がどんどんつながるのも楽しくてあっという間に読みました。
この作家さんの「クジラの彼」という文庫も置いていったので
今読んでるのが終わったらそれにかかるつもりです
by kana-con | 2010-10-06 22:26 | 読書 | Comments(3)