美味しい物好き、楽しいこと好き


by kana-con

言い訳

去年の10月の焼肉の投稿のまま
数か月、放置。

facebookはまめに見ているのだけど、
こちらのブログがついついおろそかになり
閉めてしまおうかとも思いましたが

こんな休刊状態なのに
見に来てくれる方

直接、あれはどうなってるとの声をもらって

休み休みではありますが、
さかのぼったり、
最近のことを書いたりしています。

よろしかったらご覧ください。
# by kana-con | 2016-02-12 00:50 | Comments(1)

小さい芽

友人たちが5年前から活動している書の作品展が夙川のギャラリー「小さい芽」で開催されると聞き出かけてきた。
a0115841_22215376.jpg

安藤忠雄氏設計のこの建物、ドアを開けたらこの賑わいで
掘りごたつになっていて、和めるスペース
a0115841_2223175.jpg

先生の書
5年続いたそうだけど、先生の転勤で会が一区切り
ぴったりの言葉
a0115841_2224233.jpg

大胆だったり繊細だったり
a0115841_2224389.jpg

大雑把なようで細やか
a0115841_22251012.jpg

女性らしさと潔さ
a0115841_222534100.jpg

これまでの活動もさぞかし楽しかったんだろうと想像がつく。
作品展の準備の大変ささえも楽しんでしまう仲間達
私も書いてみたくなった。
a0115841_22263413.jpg

# by kana-con | 2016-01-31 22:18 | おでかけ | Comments(0)
道を尋ねた太秦映画村の人が歩ける距離じゃないニュアンスで説明してくれたけど、
さほど寒くないし、腹ごなしになるし、地図だと30分程度と思ったので歩いてみた。
妙心寺に到着。大きなお寺だ
a0115841_22493432.jpg

狩野探幽の雲龍図も解説つきで鑑賞
禅寺には龍の図はつきものだけど、ここのはほんとに大きい。
珍しく外国人観光客にもさほど出会わず
ゆっくり鑑賞できた
仏殿、法堂の佇まい
a0115841_22534661.jpg

浴室内も説明つきで見学できた
a0115841_22542130.jpg

妙心寺塔頭の一つ、特別拝観中の玉鳳院へ
a0115841_2255748.jpg

ここだけでも見所満載。写真撮影NGだったのでこれだけ内緒で。
a0115841_22554762.jpg

外からの撮影はOKだったので
唐門
a0115841_22582598.jpg

横向きの作り。矢じりのあとが残る
a0115841_2259512.jpg

帰りはバスで中心部に戻り
イノダコーヒーでフルールサンドをシェア
a0115841_2301482.jpg

これは広隆寺に掲示してあった物
深い
a0115841_2311048.jpg

# by kana-con | 2016-01-27 22:46 | おでかけ | Comments(0)
阪急電車からの嵐電(らんでん)
a0115841_22295697.jpg

蚕ノ社で下車
天気よし。青空とお社、眩しい。
a0115841_22304692.jpg

蚕ノ社に寄り
なんとも神聖な空気の中、独特の鳥居を拝観
ここは十年ぶりくらい
a0115841_22322573.jpg

広隆寺へ
国宝1号の弥勒菩薩半跏思惟像などを拝見
a0115841_22331127.jpg

a0115841_22392763.jpg

お昼は特に決めていなかったので、近くのうどんやさんへ
a0115841_22402617.jpg

メニューを見ていると、店主の奥さまらしい方が「うちはうどんや違いますねん」と話し始めるので
あれ?うどん屋ってのれんに書いてなかったっけときょとんとしていると
うどん屋さんで修業経験ないけど、日本料理屋でずっとおられたとのことで
メニューもこだわりのうどんが並んでいた。
蕪蒸しのあんかけうどんを選択。美味でした。
a0115841_2244758.jpg

白いカレーうどんというのも気になった。ココナッツミルクのカレーらしい。
次はそれにしてみよう。
# by kana-con | 2016-01-27 22:28 | おでかけ | Comments(0)

文楽へ

いつか見てみたいと思っていたところ。
チケットを頂いて、初文楽。
a0115841_23375686.jpg

a0115841_23463365.jpg

a0115841_23381234.jpg

第2部 国性爺合戦を鑑賞
始め10分くらい古文に慣れず、日本語に聞こえなくてこれは4時間キツイと思ったが、
字幕とイヤホンガイドの助けも借りて、独特の言い回しに慣れていった。
着ぐるみの虎が出たり、駄洒落風の言い回し、ギャル風の姦しい台詞と固いだけの伝統芸能でなくて、
楽しめた。
「よよと泣く」とはこのことと肩を震わせて泣く所作の人形
生きてるいたいだった。
a0115841_23392735.jpg

新春らしく
a0115841_2340982.jpg

縁起物にらみ鯛
a0115841_23404852.jpg

劇場内もにらみ鯛
a0115841_23411929.jpg

義経千本桜の静御前の人形
お衣装の刺繍も素敵
これを3人で動かす
a0115841_23415746.jpg

幕間のお楽しみ
a0115841_23431454.jpg

地下鉄駅も文楽仕様というか、永谷園風
a0115841_23435133.jpg

機会あればぜひ見に来たい
# by kana-con | 2016-01-26 23:36 | おでかけ | Comments(0)